最近は御当地ラーメンが全国各地で販売されていますが、三陸にも珍しいラーメンがあります。その一部をご紹介します。 04/6/1
 

宮古市で「地元の食材を使ったお土産品をつくろう」ということで開発された
「雲丹麺」(うんたんめん)
字のごとく、麺にウニが練りこんであるのでオレンジ色をしています!
スープにもウニフレークなるものを入れるのですが
これがきいてるのか〜
ウニの風味がふわ〜っと広がります!
特製スープと宮古産のワカメもついてます。
※写真には生ウニがのってますが、これは入ってません
(3食入り1,200円)

三陸は「中華そば」と言われるさっぱり味のラーメンを好む方が多いです。このラーメンはまさに三陸!といった感じ。
こちらは塩。やはり塩だと三陸の海の香りがするような気がしますね〜。こちらもさっぱりで、地元の方が好む味だと思います。
●その他のラーメンもご紹介

・「らーめんの千草」 久慈市
野菜も一切使わず鶏だけでスープをとるお店。新横浜ラーメン博物館にも出店しています 。

・「のだ塩らーめん」 野田村
古くから製塩が行われていたことから、野田の特産品に塩があります。
海水からつくられた塩を使っており、道の駅で販売されています。

・「牛乳ラーメン」 田野畑村
たのはた牛乳が有名なだけあって、ラーメンも牛乳!真っ白なスープを一度お試しあれ!

・「どんぐりラーメン」 岩泉町
どんぐり商品が数多く販売されていますが、その中にラーメンも。道の駅で食すこともできますし、お土産品も販売されています。

・「かぼちゃラーメン」 新里村
黄色く太めの麺が特徴。物産センターでお土産品も販売されています。
HOME