宮古の方言は昔、海からの交易に大きく影響を受けたようで、行き来が難しかった内陸の盛岡などの方言の影響は受けなかったようです。
ここでは、たくさんある方言の中から、今でも耳にするものをご紹介します。  04/8/31
 
あうぇーこ 奥まった狭い路地、細い道 あぐど かかと
あめる 気温が高くて食べ物が発酵し
食べられなくなる
いっつもかっつも いつもいつも
いっとぎま ちょっとの間 うんずがる (病気などを)うつされる、伝染する
うんめぇ おいしい おおきに ありがとう
おごーご お新香 おじゃんご 正座
おでんせ 来て下さい、来てね おぶる 背負う
おはよごぜんす おはようございます おばんでごぜんす こんばんは(おばんです)
おやすめんせ (家などに)上がって休んで下さい
お休みなさい
おわげんせ 召し上がって下さい
かがさま 奥さん、妻 かすぎ 炊事
かっこむ 急いで食べる かったぐる かきむしる
かんます かきまぜる きっつ
くいづらがす 食べ散らかす けづまげる つまづいて転ぶ
けどがん 〜を下さい けぇな
ごぜっぱらがやげる 腹をたてる、ムカつく こっこまる しゃがむ
こわい 疲れた ごんぼをほる (主に子供が)だだをこねる、泣く
さがすー 頭が良い、賢い さんびぃ 寒い
すったぐる すりむく すずらめんどくせぇ 本当に面倒くさい
すった ずぐなす 根性なし、臆病者
すばれる 冷え込む すっぱね 泥がはねた様子
ぜーご 田舎 せっこぎ めんどくさがりや、怠け者
そこっと 静かに、そーっと、こっそりと そーすー 恥ずかしい
ぞーや たぶん、きっと、おそらく そんぺ 損をする
たごまる 絡まる たんなぐ 持ち上げる、担ぐ
たんぺてぇす 言うだけ無駄 ちょぺっと 少し、ちょっと
ちょうす いじる つっかげ サンダル、下駄
つくとす 突き落とす つらつけー 顔をしかめる、嫌な顔をする
でぎなすぽー 勉強ができない子 てど 手際、作業の段取り
でんび (人の)額、おでこ としょりきっつめ 子供なのに大人びた考え方をする子、年寄りくさい
なす (子供を)産む なんたら なんとまぁ
なんぼー いくら(料金や量を尋ねる) にわがすごと とりあえず(間に合わせ)の仕事
ぬくたまる 温まる ぬらめぐ ぬるぬるする
ねまる 座る のだばる 横になる
はだぐ たたく ばだめぐ 落ち着きが無い、そわそわする
ぱやぱやっと まばらに はったぎ バッタ
はんかくせぇ 怪しい、半端な人 ひまだり 時間がもったいない
ぶくとれる (勢いよく)落ちる ぶっかれる 壊れる
ふんずびる 踏みつぶす べぇご
べらり 全部、すべて ほどり ふち、端、周り
ほにすてぇ ほんとだなぁ、そうだねぇ ほおろぐ 揺さぶる
まがる こぼれる まっと もっと
まつぽい 眩しい みだぐねぇ みにくい、可愛くない
みつけー 短い むぐれる ヘソを曲げる
むたくた すごく、強引 めぐせぇ 可愛くない
めっつる めんけぇ 可愛い
もーこ お化け もーす (お店などで)ごめんください
やぁやぁど さっさと やぁぐど わざと
ゆるぐねぇ 大変、疲れる、苦しい ゆぶい 煙たい
よばる 呼ぶ よんま
らっけー  面倒な様子 ろくたま 碌に
わげつがほーでー わけがわからない わげーもん 若い者
わーつか 少しばかり、わずか わらす 子供
HOME