12月の特集「岩手の海産物」
三陸海岸は海産物の宝庫!!今回は、三陸自慢の海産物を集めてみました。
ご購入もできますのでぜひご覧ください。(2005/11/30)
※購入に関してのお問い合わせは、販売店様にお願いします。
 
【牡蠣(かき)】

だんだんと寒くなって、お鍋が恋しい季節になりました。
中でも牡蠣は、お鍋の食材としては代表格といえるのではないでしょうか。
生食でもおいしい牡蠣ですが、ぜひ三陸産をご賞味いただいたいですね〜。
 
【いくら(はらこ)】

秋は「鮭」の時期でもありますが、当然イクラもおいしい季節となります。
この時期は、三陸でも市場や魚屋さんで綺麗なオレンジ色のいくらをよく目にします。
 
【鮑(あわび)】

アワビやウニなどの漁は、解禁になったからといって、毎日できるわけではありません。
漁ができる回数は決まっており、その日のことを「口開け」といいます。
あわびの口開けはどこの漁協も数回程度。解禁期間が終われば、天候が悪くて口開けが少なくても終了となります。
なかなか大変ですよね。
 
【帆立(ほたて)】

ホタテはあまりクセがありませんから、嫌い!って方は少ないのではないでしょうか。
アワビなどにくらべればお値段も安いですし、殻に盛り付けたりすると見栄えもしますから、目でも楽しめますよね♪
三陸のホタテもウマイですよ〜!
 
HOME